クライミングジム&ショップ ストーンラブ

はじめての方へ

クライミングって?

クライミングとは、単純に言えば岩壁を登る遊び。もともとは純粋に自然の岩を登る行為でしたが、その練習のための場として生まれたインドアでの人工の壁が、競技など様々な目的で使われるようになり、現在のようにスポーツとしても幅広く楽しまれる遊びとなりました。
クライミングには様々なジャンルがあり、その中でも最近注目されているのが『ボルダリング』。高くても4、5mほどの壁を登るのでロープなどは使用せず、クライミングシューズと滑り止めがあればできるというシンプルさから、近年爆発的に愛好者が増えています。
当店ではそのボルダリングを初心者の方から上級者の方まで幅広く楽しむことができます。

全くの素人なんだけど…。

当店は全くの未経験の方でもすぐに遊べるようにとのコンセプトで営業しております。難しいというイメージがあると思いますが、はしごが登れる程度の力があれば必ずできる遊びです。また、必要なものはレンタルもでき、無料のインストラクションも随時行っております。いつでもお気軽にお越し下さい。

利用するのに何か手続きはいるの?

はじめてご来店される方には、受付時にまず利用申込書に必要事項をご記入いただいております。用紙は受付に用意してありますが、時間帯によっては受付が混雑いたしますので、下記のファイルを印刷してあらかじめご記入後、来店時にお持ちいただければ、スムーズに受付が可能です(イオン旭町店で会員登録不要のご利用をされる場合には、ご記入は不要です)。



南川添店(ストラブ)利用申込書を表示


イオン旭町店(ボルスト)利用申込書を表示



一人でもできる?

ボルダリングはロープを使いませんので、おひとりで楽しむことが可能です。女性スタッフもおりますので、女性の方もお気軽にご来店ください。

ルールはあるの?

壁の中にいろいろな色、形をした手がかり(ホールド)が取り付けてあり、その脇には同じくいろいろな色、形のテープが貼ってあります。テープはルート(課題)を表しており、同じテープが貼られたホールドのみを使って登っていきます。途中で落ちることなく、また別のホールドを使うことなくゴールまで行き着けば、その課題を登ったことになります。課題はテープの色によって難易度を分けてあります。初めての方は、まずは簡単な課題からトライしてみてください。

力がないんだけど・・・

とかく腕の力や握力が必要と思われがちですが、ボルダリングに必要なのは、ある一部分だけの力ではありません。足位置や身体全体の動きなどを工夫してバランスを保ちながら登れば、さほど腕の力は使いません。また、それぞれの課題で要求される動きを読み、組み立てるという頭脳的な要素も持っています。ムキムキの男性が登れない課題を、見た目は力のなさそうな方がスラリと登っていく場面を当店でたびたび目にすることができるでしょう。

道具を一からそろえたいんだけど。

インドアでのボルダリングに必要な道具は、クライミングシューズと滑り止めのみ。これらは当店でレンタルはもちろん販売もしておりますが、まったく初めての経験である方の場合は、シューズについてはまずレンタルをおすすめします。というのも、クライミングシューズというものは通常のシューズとは少々形が異なっており、それに伴う最適なサイズも通常とは若干異なるからです。レンタルである程度クライミングシューズに慣れ、自分のサイズ感もつかめてきたら、マイシューズの購入を検討すると良いでしょう。

子供でもできるの?

もちろんです。ボルダリングには課題によってさまざまな動きが要求されるので、運動能力が伸びる幼少期には非常に適しています。体幹力も鍛えられるので、野球やサッカーなど、他のスポーツのためのトレーニングとしてもオススメです。さらに課題によって異なる動きをイメージし組み立てるというプロセスは、右脳の発達も促します。当店にはお子さま向けの低い壁も設けておりますので、まずは体験させてみてください。中学生以下のお子様の場合は、かならず保護者の方の同伴をお願いいたします。

ボルダリングでやせますか?

ボルダリングは、脂肪燃焼するほどの有酸素運動ではないので、直接的にダイエットに結びつくとは言えません。しかし、全身運動なので、続けることによって適度な筋肉が全身についていきます。筋肉は脂肪を燃焼させるので、徐々に引き締まった体になり、効率よく体をシェイプアップさせることができます。年齢を重ねるごとに脂肪はつきやすくなってくるので、筋肉を適度につけておくことは重要です。
さらに、ボルダリングにハマってくると、「あの課題を登るためにもう少ししぼろう」といったように、ダイエットそのものに一定のモチベーションを与えることができるようになります。そういった意味では、ボルダリングはダイエットにも大いに効果があると思います。


女性なので筋肉ムキムキになったらイヤだ!!

確かに女性にとってはゆゆしき問題かもしれません(笑)。しかし筋肉といっても、ボルダリングは自重が左右するスポーツなので、適度には付きこそすれあまり目に見えて大きな筋肉はつきにくいです。大きすぎる筋肉はおもりにしかならないからです。
加えて女性は男性に比べて筋肉がつきにくいため、よほどトレーニングをしなければムキムキになることができません。筋肉がかなり付きやすい方でも、週3日ぐらいのペースで登りこまないと目立つほどの筋肉はそう簡単には付けられないでしょう。また、性差だけでなくその人ごとの特性にもよるので、人によってはいくらやっても、引き締まりはしても筋肉は大きくならない方もいらっしゃいます。
いずれにせよ、
筋肉をつけることはそんなに簡単なことではありません。もし週1,2回、1,2時間程度のボルダリングでお手軽にムキムキと筋肉がつくというのであれば、ボディビルダーはこぞってボルダリングをやっていることでしょう。

CONTACT

高知市内に2店舗をもつ、四国初のショップ併設型クライミングジム『ストーンラブ』のホームページです。

ABOUT

ブログ更新情報

ブログを見る

携帯用QRコード

QRコード
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。
PAGE TOP